ボーディングスクール留学

娘のJunior Boarding School~Boarding School留学の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

School Visit A校

長らく更新をサボってしまいました。娘の大学受験の準備を優先していました。一段落し、心に余裕もできたので、順次更新して行こうと思ってます。

さて、いよいよA校の面接ですが、E校の面接は金曜日だったので、土日と少しゆっくりしました。日曜日にホテルからA校まで行ってみました。A校は、とても田舎にありますが、環境はとても良いと思います。特に、アメリカにもこんなに治安が良い所があったのかと驚かされました。多分、日本より良いのではと思いました。娘をこんな環境で、是非、教育したいと強く思いました。この日はアドミッション・オフィスの場所を確認し、月曜日の13時が予約なので、途中で昼食をとれそうなお店を探してからホテルに戻りました。
娘は本命のA校の受験なので緊張してよく眠れなかったようですが、月曜日は午前中に少し面接の予習をしてから出発しました。途中で、昨日見つけたお店で軽食をとって学校に向かいました。
ちょっと早めに着いたので、予定の10分前まで待ってからアドミッション・オフィスに向かいました。最初にアプリケーション・フィーを支払い、アシスタント・ヘッドマスターから15分間のガイダンスを受け1時間半程度スクールツアーをしていただきました。9年生男子、8年生と4年生女子の3人の日本の子に案内していただきましたが、3人ともにとても聡明で感銘を受けました。
施設については、特に体育施設と寮が今まで訪問した学校の中で一番充実していると思いました。また、教科毎に校舎が分かれている点に特色があり、面白いシステムだと思いました。
その後、娘の面接、ESLテスト、父の面接がありました。少し待って夕方になると、合格が伝えられ、提出書類を早く提出するようにとの指示がありましたので、契約書にサインをし、デポジットを支払い、学校を後にしました。合格を伝えられた時、驚くとともに大喜びしたのを今でも思い出します。
また、この学校の先生だけが、成績を上げたかったら人より努力するしかないとおっしゃり、信頼がおけると思ったことが記憶に残っています。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。